いま、はまってるLEGOや
デスクトップカスタマイズなどなど
わっきー情報満載
これで、あなたもわっきーだ!!
CALENDAR
ウクレレとフラダンス(リロ&スティッチ)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
GAME
やあ!
ディズニー画像占い

ディズニー画像占い


ARCHIVES

CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 雨なのに | main | ジャングル・リベンジ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人力プロペラ機 タイム…
ちょっと面白い話しを聞いた。

なんと来年の鳥人間コンテスト30回大会は、滑空機部門が無くなり新しく

「人力プロペラ機 タイムトライアル」

部門が出来るらしい。

このまま行けば来年は、「滑空機 フォーミュラ」部門、「人力プロペラ機」部門、「人力プロペラ機 タイムトライアル」部門の3部門で行われるようである。

そして、タイムトライアル部門はプラットホームから離陸し、100m先のスタートラインからタイムの計測を始め、さらに1kmのところで折り返し、スタートラインに戻ってくるまでの時間を争うものらしい。
このルールだと小型高速機で小回りのきく機体が有利そうだ。
確かに、距離だけを競ってきたプロペラ機部門だと、長距離飛行が増えてきた近年、飛んでいる機体の見えない時間の方が多くなって来ているのもあるのなかと。
さらに、今年の大会では4位の府大と5位との差が8000m近くあり、優勝を狙える強豪と他のチームの差が大きくなっているようにも思う。タイムトライアル部門では約2500〜3000mぐらい飛べれば優勝の可能性が出てくることになる。。

新しい試みで、私的にはかなり面白そうなこの部門。人力プロペラ機を作っているチームには新しいカテゴリーができて優勝のチャンスが広がるし良いように思う。
その反面、滑空機を作ってきたチームにとっては部門が無くなるという凄くかわいそうなニュースでもある。
| 人力飛行機・飛行機 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:16 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakiwakiwakki.jugem.jp/trackback/505
トラックバック